噛めるインプラント

奥歯こそインプラント

噛み応えが得られるインプラント

インプラントは、第2の永久歯とも呼ばれる快適な治療です。それは、患者さんの顎の骨にチタンなどの整体に親和性の高い素材でできた人工の歯根を埋め込んで、そこにセラミックなどでできた人工歯を植立するためです。人工歯が直接顎の骨に埋め込まれているので、食事をした時に元々の天然歯と同じ自然な噛み応えが得られます。奥歯は臼歯といって噛む力が強くかかる歯ですが、耐久性の点からも人口歯根を顎の骨に埋め込む治療が適しています。またインプラント治療は、失くしてしまった歯に対し1本単位で治療が可能です。そのため、ブリッジや入れ歯のように削って連結したに金具をかけるなど残っている他の歯に負担をかけることがないのも大きなメリツトです。

奥歯はインプラントがおすすめ

インプラント治療の中で奥歯は症例が多い歯です。この部分を入れ歯にすると噛む力が半減しますし、ブリッジでは周囲の歯に負担をかけます。インプラントは周囲の歯もそのままで噛む力を普通の歯と同じまで回復できます。骨に人工歯根を埋め込み固定するので強い力で噛めます。よく噛む力が弱まらないことで、歯ぐきの血行や唾液の循環もよくなり、口腔内の健康を保つだけではなく、結果的に身体の権衡にも良い影響を与えます。奥歯を失うと片側だけに負荷がかかってしまい、バランスが崩れます。顎関節症を引き起こすケースもありますので、治療には医師とよく相談して決めましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 奥歯治療のインプラント All rights reserved