インプラントの影響

インプラントの影響とは

インプラントの影響について

インプラントは、顎の骨に穴をあけて、人工の歯根を入れて歯を再生させる治療です。他の部分入れ歯やブリッジなどの方法とは違い、他の歯に影響を与えないという特徴があります。ブリッジは、両隣の歯を削らなければいけないことと、部分入れ歯はバネで負担をかけてしまうということで、本来の歯の寿命を短くしてしまう可能性があります。対して、インプラントは、顎の骨に直接埋め込むことで、他の歯に負担をかけずに治療できるということが大きなメリットです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 奥歯治療のインプラント All rights reserved