インプラントで嚙む力

噛める奥歯のインプラント

奥歯のインプラントの難易度とは

奥歯は食べ物を咀嚼する部分として非常に重要な部分なため、この部分の歯を失った時にはインプラント治療をしたいと考える人がいるかもしれませんが、特に上顎は手術の難易度が高い場所と言えます。その理由にシュナイダー膜を損傷する可能性があることが挙げられます。シュナイダー膜を破ると副鼻腔内に感染を引き起こす可能性があるためシュナイダー膜を傷付けることのないような手術と技法が必要になります。そのため上顎の奥歯にインプラント手術を行う場合は、技術と経験を兼ね備えた歯科医師にお願いすることが成功のカギになるかもしれません。

奥歯のインプラントで噛む力を

奥歯は前歯に比べてかかる負担が強いため、入れ歯などをしていてそれが合わない場合には噛むことが嫌になってしまうことも多いようです。インプラントは、顎の骨に人工歯根を埋め込む方法ですので、噛む力を取り戻すことが出来ます。入れ歯のように動くということはありませんので、歯茎への負担も少なくて済みます。インプラントは、見た目が自然ですので、他の人にバレるということはなく、恥ずかしさを感じることもありません。治療を受けるという場合には、信頼することが出来る歯科クリニックを見つけ、依頼するようにすることが大切になります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 奥歯治療のインプラント All rights reserved