奥歯もインプラント

奥歯治療のインプラント

奥歯にもインプラントで

失った歯を補う方法として、近年ではインプラントに人気があります。ブリッジでは、入れ歯のように取り外して手入れをする必要もなく、両隣の歯に橋渡しをして被せものをすることで失った歯を補うことができるのですが、奥歯となれば片側にひっかけるための歯がないのでできないことになります。そんな時にも、インプラントであれば問題がありません。顎の骨に人工の歯根を埋め込んで一本の歯をして独立をして入れることができるので、どの部分であっても入れることができます。さらに、健康な他の歯にも負担を与えないというメリットも持っています。

奥歯にも耐えられるインプラント

インプラント治療は、歯を失った部分に行われる治療ですが、とても見た目がきれいになるので前歯に行うものだというイメージがあります。しかし、前歯だけでなく、奥歯にも使うことができる高い強度を持つチタンを使っているので、全ての部位にインプラントは可能です。奥歯に使うことで、噛み心地が自然で本物の歯のような感覚で食事ができるようになります。入れ歯がガタガタしてしまうのはとても不快な症状ですが、骨としっかりと結合しているので安心です。見た目は前歯と同様に自然な形なので、大きな口を開けても目立つことがありません。

↑PAGE TOP

Copyright © 奥歯治療のインプラント All rights reserved